光と風と

別々の場所で生まれた4つの命が1つの家族になりました。 猫天国のたのしい毎日をご紹介します。

http://himaneko.at.webry.info/

http://himaneko.at.webry.info/

http://www.geocities.jp/kanisan2003/

フタリはいつも・・・

2008-09-27 Sat 22:27:06

フタリがいっしょにいると、
ニーナのちっこさが際立ち、
海のでっかさも際立ちます。





そんなフタリは親戚同士。

姉弟?
叔母と甥?
いとこ同士?

なのに、こうも大きさが違うのですから不思議なものです。


性格も然り。
ちっこいニーナはとっても繊細で気位が高く、
でっかい海はオーシャンパシフィック・ピースなのんびりやさん。

ちっこいニーナの走る姿は草原を駆けるピューマのように敏捷で軽やか。
でっかい海が走るときは必ずトテトテトテというサウンドエフェクトが入り、よくずっこけてます。


なにかと対照的なフタリだけれど、
きっとフタリはソウルメイトだと思う。





ニーナのほうがお姉ちゃんだけれど、ときにはこうして海に甘えることもあるのです




いつでも君は・・・

2008-09-25 Thu 11:30:19


迷惑コメントがきたので削除しようと思ったら、
間違えて最新記事を削除してしまって、ショック!!
どれもこれも、猫たちとの大切なヒトコマなので、己れの「おっちょこちょい」が呪わしい・・


そういえば今朝、「特ダネ」の天達気象予報士が、

「今日はちょっと蒸しっとしますが・・・」

と話しているのを聞いて、しばらく笑い続けました。

むしむしする、とは言うけど
蒸しっとする、って言うか??


そう。秋も深まりつつある今日は、なんだか蒸し暑い一日でした。


そしてこのかたは夏でも秋でも、季節に関係なくこんな格好ばかりしています




ビシっとしたところが微塵もない猫でございます・・・

自家製おもちゃ

2008-09-20 Sat 23:12:32


海くんが夢中で遊んでいるこのオモチャは・・・




海くん自身の、一日に梳いた毛を固めて丸めた、文字通り“自家製毛玉ボール”です





毛質がやわらかく、ふわふわっな海くん。
相当量の毛を梳いたのですが、ぎゅうぎゅうに固めたらこんなにちっちゃくなってしまいました。





ふむぅ・・なんか落ち着くぅぅ




これ好きぃぃっ


そりゃあそうさ。
だってそれは君自身だもの!


ふたりの時間

2008-09-16 Tue 22:59:06


慣らしキャリー続行中!!

キャリーの中にニーナ運搬用のネットを投入してみた。




なんか入ってるよ・・
なんか入ってるね・







あんた触ってみてよ
え、ぼくが?







くんかくんか・・
なになになになに?









ふわふわしてるよ
どれどれ・・



なんて具合に、キャリーを挟んでふたりでしばらく会話していました





さて、とっても嬉しいお知らせがあります。



(写真はうちにやってきた頃のルルちゃん)






預かりっことして光風海&ニーナと仲良く二か月半一緒に暮らした
ルナちゃん改めルルちゃんのお嫁入りが正式に決定いたしました!!

ルルちゃん、幸せいっぱいにK様ご夫妻の『ひとり娘』として第二の猫生をスタートしました。
猫一倍甘えん坊のルルちゃんにとっては最高のシチュエーションではありませんか!
これからは愛情をいっぱいもらってますます美しさに磨きがかかることでしょう。

預かり母、光、風、ニーナ&海より愛を込めてこの言葉を送ります。

おめでとう! ルルちゃん。末永くお幸せにね







新しいハウス!?

2008-09-11 Thu 19:22:54

そろそろニーナのワクチン接種に連れていく時期になりました。

ニーナはビビりっこなので、病院へはいつもネットにくるまれて行きます。
でも、ネットに入るまでが大変なんだな、これが・・・

いくらくつろいでいても、
たとえ元気が無いときでも、
ネットに入れようとすると、気配を瞬時に感じ取りピューッと逃げてしまうか、
キャーッと暴れて(わたしが)血を見るかのどちらかなので、
ニーナ自身だけでなく、わたしも大変緊張してしまいます(してはいけないのですけどね・・)

そこで、
拘束されるのが大・大・大嫌いなニーナのプレッシャーを少しでも軽減したいと思い、
慣らし保育・・じゃなかった、慣らしキャリー期間を設けようと、
天井オープン型メッシュ窓付きのキャリーバッグを買いました。

これをしばらく部屋に放置してキャリーに入るのに慣れてもらい、
「あれ? いつの間にか病院に連れてこられたわ、わたし」
という状況にしたいな、と企んだわけです(あまいな・・・)


さて。
宅配便で届いたキャリーを猫さん達のなかに投入すると・・・



やっぱり、いち早くここを占領したのは、このかたでした



なんか文句ある?



風先輩が飽きて出て行ったあと、みんな集まってきました。






おお、いい感じ。ニーナも興味津々






こういうのに特に目がない王子。





しあわせ〜


自分の体にジャストフィットのここが大変お気に入りのご様子でした。
ここでしばらくお昼寝を楽しんだことは言うまでもありません!



ついにわが家の猫キャリーも合計4個になってしまいました・・・
「もしものとき」は、1猫@1キャリーを1人2個ずつ持って避難所へ!
これで防災対策もばっちりです(と、また猫グッズを買ってしまったことへの自己弁護をしてみる